女性の細毛・抜け毛・白髪の原因とは…?

◇細毛の原因◇

 

その1「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」

 

 


女性の髪の太さは30代前半がピークと言われています。その後は、年を重ねるとともに

毛母細胞と言われる、髪の毛を作る組織の活性が低下してくることや血管も老化していき、

毛根に栄養や酸素を運ぶ力も衰えていきます。

それは、女性ホルモン(主にエストロゲン)の分泌量の減少も重なり、細毛の原因へとなっていきます。

 

その2「血行不良」

 

 


髪の毛は、頭皮を流れる血液から栄養を補給した毛根から作られ、

毛母細胞が活発に働くことで健康な髪の毛が形成されます。

その為、頭部の血行が悪くなると栄養がきちんと毛根へと運ばれなくなり、細毛になってしまいます。

 

 

その3「生活習慣の乱れ」

 

 


 

生活習慣は、体全体の各部分へと影響を与えますが、髪の毛にも悪影響を及ぼします。

夜更かしなどの不規則な生活によって新陳代謝がスムーズにいかなくなり

髪の毛からコシやツヤが失われ、栄養も行き届かず、細毛の原因となります。

 

 

その4「頭皮環境の悪化」

 

 


 

頭皮が弱っていると、乾燥肌か油っぽい肌になってる場合が多く、

皮脂がたくさん分泌されている状態ですと、

毛穴の奥に汚れがたまり、毛根の働きを衰えさせてしまう原因にもなります。

ヘアカラー(白髪染めも)や縮毛矯正、パーマを重ねた頭皮は弱くなり、細毛を招く原因となります。

実は、細毛が進行している人ほど、抜け毛は少ない傾向にあります。

それは、頭皮の栄養状態が悪くなるにつれ、細い毛や短い毛しか育たなくなり、

生える毛の量も減ってしまう為、結果として抜ける毛の量自体も減ってしまうのです。

 

 

 

抜け毛の原因を知りたい方はこちら! 

白髪の原因を知りたい方はこちら!

抜け毛と細毛、白髪の原因の意外な関係性とは…?