白髪の原因

 

 

その1 「メラノサイトの活動低下」

 

 


白髪の原因は、髪の根元にあるメラノサイトといわれる色素細胞の活動が低下する事によっておきます。

メラノサイトはメラニン色素を作る細胞であり、活動低下を引き起こす主な原因は、

加齢によるものや遺伝によるものが大きいです。

 

 

その2 「極端な食事制限」

 


ダイエットや極端な食事制限によって、栄養不足が続くと、

髪の毛を作る上で必要な栄養素(ビタミン、ミネラル、カルシウム、たんぱく質)などの

不足によりメラノサイトの活動が弱まり、より白髪がひどくなる原因になります。

 

その3 「過度なストレス」

 


ストレスが溜まり、自律神経が乱れると、身体中の血流が悪くなって

頭皮や髪の毛へ十分な栄養が行き届かなくなる可能性があります。

ストレスと慢性的な睡眠不足が重なることが白髪を増やす原因ともいえます。

 

その4「紫外線によるダメージ」

 


紫外線によるダメージも白髪になる大きな原因と言える事でしょう。

普段、生活している上で浴びる事の多い紫外線は波長が長く、

頭皮の奥にまで届き、色素細胞にダメージを与えます。

また、髪の色素が抜ける為、赤茶色っぽくなり切れ毛の原因にもなったりします。

 

その5「過酸化水素の蓄積」

 


過酸化水素を含んだ食品(コーヒー等)を過剰に摂取することで、

メラニン色素を破壊し、それが白髪の原因になると

2009年、FASEBジャーナル(実験生物のためのアメリカの学会連合)に

掲載された事で明らかになりました。メラノサイトと、メラニンの産生をもたらす酵素(チロシナーゼ)

形成を破壊するため、髪の毛を黒くする為に必要な酵素や機能が失われ、

結果、白髪の原因になると結論付けました。

 

細毛の原因をもう一度みる。

抜け毛の原因をもう一度みる。

抜け毛と細毛、白髪の原因の意外な関係性とは…?