女性の髪トラブルと症状 | カミサイト

女性の髪トラブルと症状

女性の髪の大きなトラブルには、慢性休止期脱毛症・FAGA(女性男性型脱毛症)・分娩後脱毛症・円形脱毛症・白髪があります。

慢性休止期脱毛症

頭髪のどこかが極端に薄くなるのではなく、全体的に髪がバラバラと抜けてボリュームが減り症状が進行すると地肌が目立ってくる症状です。

早い人は40代から感じることもあり、原因は主に加齢や遺伝によるものとされています。
個人差はありますが、年齢を重ねれば誰にでも起こりうる現象です。

脱毛症の女性

≪慢性休止脱毛症の詳細と症状の改善はこちらから≫

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性と入っていますが、男性のようにM字型に禿げたり、生え際が極端に薄くなるなどという事はありません。

症状は.髪が伸びた後には抜け落ち、また新しい毛髪を作り始めるというヘアサイクルが短くなります。

ヘアサイクルが短くなる事で、髪が成長する前に抜け落ちるので、髪が細く短くなり地肌が目立ってきます。

FAGAヘアサイクル

≪FAGAの詳細と症状の改善はこちらから≫

産後の抜け毛「分娩後脱毛症」

出産後、一時的に髪が抜ける症状です。

妊娠中に増えた女性ホルモンが減少する事が原因で引き起こされます。

たいてい出産後6ヶ月~1年程度で自然回復してきます。

≪分娩後脱毛症の詳細と症状の改善はこちらから≫

円形脱毛症

500円玉くらいの大きさの脱毛が、頭部に1カ所以上発生する症状で、男性のイメージが強いですが、これは女性にも起こる可能性があります。

ストレスが原因と言われてきていましたが、現在は自己免疫疾患が主な原因と言われています。

円形脱毛症の女性

≪円形脱毛症の詳細と症状の改善はこちらから≫

白髪

髪の色を決めている、髪の毛中のメラニンが減少する事で髪の色が白色になる症状です。

年を取ると発症し易い症状で最も多い悩みとなります、近年では若年層でも白髪を気にする人が増えてきています。

白髪を気にする女性

≪白髪の詳細と症状の改善はこちらから≫