分娩後脱毛症について

出産後に抜け毛が増えたり、髪が細くなったりして髪が薄くなっていると感じる症状です。

分娩後脱毛症の原因

原因は、ホルモンバランスが崩れる事と、目まぐるしく変わるホルモンバランスに身体がついていけない事が、原因の大半を占めます。

このほか、思い通りにいかない子育てによるストレスや睡眠不足などによって、自律神経に良くない影響が及ぼされる状況も、産後脱毛が起きやすくなる原因となります。

妊娠後期にエストロゲンが増大し、へサイクルの成長期が通常より延び退行期に移行しなくなります。
分娩後は2~3ヶ月でエストロゲンの量が元に戻り、ヘアサイクルも成長期から急速に休止期に移行します。

その為、今までたくさん生えてた成長期の髪が一気に抜けるのです。

分娩後脱毛症はいつまで続く?

分娩後脱毛症は、出産後、2~3ヵ月ほどがピークとなります。

すぐに治すことは難しいですが、出産から半年から1年ほど経ち、授乳を終えるころには、頭髪の質と量も自然と元に戻っていくことが多いです。

分娩後脱毛症の対策

脱毛のことを気にしすぎない

時間が経てば元に戻るので、他人や過去の自分と比べて過剰に落ち込むことはありません。
また、子供につきっきりにならず、数十分でもいいので自分だけのリラックス時間を持つ事が精神的な安定をもたらします。

食事の栄養分を考えよう

髪にいい食事にしましょう。
詳細については、下記をクリックして下さい。
≪育毛に良い食材はこちらから≫

アミノ酸系のシャンプーを使う

出産後にホルモンバランスが崩れて、乾燥・敏感となった頭皮にの為に、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーでの洗髪をおすすめします。

女性向けの育毛剤を使う

女性専用の育毛剤を使うのもおすすめです。
男性の育毛剤は効き目が強そうなイメージがありますが、ホルモンの違いなどの関係で、女性には効きません。
育毛剤を使ったとしても、即効性はありませんので、数ヵ月間ほどは使い続けましょう。

睡眠をよくとる

髪は睡眠中に成長し、傷みも補修される仕組みになっています。
子育て中は、睡眠時間をとるのも難しくなりがちなので、ご主人と手分けをして、リラックスした就寝時間を確保しましょう。
また、お子さんが昼寝しているあいだに家事をすることも多いと思いますが、たまには一緒に昼寝する事がよいです。

専門医に相談

産後1年以上経っても、分娩後脱毛症がなかなか回復しない場合があるでしょう。その際は、薄毛・抜け毛治療専門クリニックに相談する事がいいでしょう。