円形脱毛症について | カミサイト

円形脱毛症について

円形脱毛症は、女性のみならず年齢や性別に関係なく誰にでも起こります。

突然コインのような円形をした脱毛に気づくのが大きな特徴です。

実際には、目に見えない形で徐々にリンパ球の異常が進行して、症状が顕在化するのですが、突然起こるという印象が強いです。

また、脱毛が進行している部位の周辺にある毛髪は、引っ張るとほとんど痛みもなく簡単に抜けてしまいます。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症は、自己免疫疾患、ストレス、遺伝、アトピー性皮膚炎が主な原因と言われています

自己免疫疾患

円形脱毛症の主な原因は、自己免疫疾患と言われています。

自己免疫疾患とは、病気から身体を守る免疫系が、自分自身を攻撃してしまう疾患です。

円形脱毛症は、リンパ球がターゲットを誤認して成長期の毛包(毛母細胞)を攻撃することで、毛包が縮んで休止状態になってしまうために起こるとされています。

なぜこのような異常が起こるのか詳細な原因については、残念ながらまだ解明されていません。

ただ、自己免疫反応を起こしやすい体質の方に起こりやすい症状です。

ストレス

精神的なストレスが原因となる事があります。

人によっては精神的なストレスが円形脱毛症の引き金になる場合もあります。

ただ、精神的なストレスが原因で起こらない人もいるので、必ずしも精神的ストレスがかかっているからと言って円形脱毛症が起こるとも言えません。

遺伝

最新の調査で、円形脱毛症の患者のうち8.4%ほどに、ほかの家族にも円形脱毛症がある事が解りました。

また、一卵性双生児においては片方が発症した場合、もう片方の発症率は55%と効率であることから、遺伝も関わっていると考えられています。

アトピー性皮膚炎

円形脱毛症を発症している人のうち、40%以上はアトピー性皮膚炎も持っているといわれています。

円形脱毛症もアトピー性皮膚炎もストレスが誘因となって発症したり、悪化したりする場合があることから関係があるのではと考えられています。

円形脱毛症の対策

頭皮マッサージ

頭皮の状態を改善する方法として代表的なものがマッサージです。
シャンプーなどをする際に、指の腹で強すぎない力でもんでください。
このときに強くこすったり、爪を立てたりすると頭皮が傷つくため注意しましょう。
また、すすぎの際にシャンプーやリンス、コンディショナーを残すと頭皮に雑菌が増える原因となるため、すすぎは念入りに行いましょう。
詳細はこちらの頭皮ケアページをご参照ください。

シャンプーを変える

円形脱毛症はアレルギーとも深く関係があると思われるので、シャンプーや整髪料がアレルギーを起こしている可能性があります。
これらをアレルギーを起こさない低刺激のものに切り替えるなどをしてみましょう。

食生活の改善

食生活を見直して、髪の健康を維持するためには大切です。
髪はケラチンなどのタンパク質から主にできているため、豆腐や納豆などの大豆製品や卵などの良質のたんぱく質を摂るように心掛けると良いです。
また、ビタミンや亜鉛などのミネラルも重要な要素のため、緑黄色野菜や肉などもバランス良く食べることをおすすめします。

詳細はこちらの食材についてをご参照ください。

適度な運動

精神的・肉体的ストレスを解消するために、積極的に運動をしましょう。
散歩やウォーキングなどの軽い運動は、ストレス解消にもなる上に全身の血行を良くする作用があります。