FAGA 女性男性型脱毛症について

FAGA(女性男性型脱毛症)は、細く短い抜け毛が多くなり、頭髪が全体的に薄くなり地肌が目立つ症状で、薄毛で悩む女性の半数がこの症状です。
但し、すべての毛が抜け落ちて、つるつるの状態になることはありません。

FAGAが起こるメカニズム

男性の脱毛症に男性型脱毛症(AGA)があり、男性ホルモン(テストステロン)が髪の根元の部分でⅡ型5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されます。

この物質が髪の成長を邪魔することで薄毛が進行します。

FAGAもメカニズムはAGAと同じなのですが、女性は髪を成長させる役割を持つ女性ホルモン(エストロゲン)の量が加齢に伴い減少する事で、相対的に男性ホルモンが増えた時に発症するので、エストロゲンが減少し始める30代以降に発症する事が多いです。

ただ、女性。ホルモン(エストロゲン)の量が減ったとしても、一定量は分泌されるので男性の様に禿げ上がる事は無く髪が細く弱り、全体的に薄くなる、というのがFAGAの特徴です

 

FAGAのヘアサイクル

DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されると、髪の成長周期を短くする細胞成長因子が退行期に移行する様に指令を出すので通常4年~6年の成長期を約1年に縮めてしまいます。

その為、髪が成長しきる前に休止期に移行するので、短くて柔かい髪の毛が多くなり、抜け毛そのものの数が増えます。 FAGAヘアサイクル

FAGA 女性男性型脱毛症の対策

一番の原因は加齢による女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

なので、女性ホルモンの分泌を増やす、変わりの働きをするサプリを摂取する事が解決への近道です。

但し、髪の成長期は4年~6年の為、直ぐに効くという対策や治療はないので、長期間の対策が出来るものを選ぶのが良いです。

サプリ

FAGAの原因である、エストロゲンの減少をカバーする為に、エストロゲンに似た働きをするエクオールを含有したサプリを摂取すると効果があります。

お勧めとしては、医療機関でも扱われているエクエルです。

頭皮マッサージ

女性ホルモンの分泌は、脳と卵巣の連携プレーで成り立っており、脳と卵巣のやり取りは、血流によってなされています。

血流が鈍いと、大切な指令が卵巣に届かずホルモン分泌が十分にできなかったり、バランスが乱れてしまったりすることがあります。

なので、頭皮マッサージをして血流を良くする事が重要になります。